生きた表現へ ー名曲を掘り下げる vol.1ー

内容

 土田豊貴・三宅悠太・渡辺研一郎・相澤直人による「生きた楽典」「生きた表現へー旋律演奏の探究ー 第1期〜第4期」は、歌い手の目線から語られることの多かった合唱音楽に、新しい理解と表現を示し、多くの皆さまからご好評を頂戴しました。今回、新シリーズとして「名曲を掘り下げる」と題し、合唱界や教育現場などで広く愛唱されている作品をアナリーゼします。加えて、それらの普遍的な分析をどのように表現に結びつけるか、4名の講師それぞれの視座からさまざまなアプローチの可能性をクロストーク形式で語る、弊社セミナー独自の特徴をお楽しみいただければと思います。

 各回90分のセミナー後、恒例となりました「アフタートーク」の時間では、チャット機能などを使用し、質疑応答や、フリートークで受講される皆さまとのつながりも持ちたいと考えております。多くのご参加をお待ち申し上げております。

日時・曲目

【第1回】2022年1月21日(金) : 夢みたものは…(木下牧子)混声四部版

【第2回】2022年2月4日(金) :春に(木下牧子) 混声三部版

【第3回】2022年2月18日(金) :春(信長貴富)女声三部版

【第4回】2022年3月4日(金) :信じる(松下耕) 混声三部版

 全4回:20時~21時30分(90分)

※なお、本編後にアフタートークをお楽しみいただけます。但しアーカイブ動画は本編のみの収録となり、アフタートークは収録されません。

※楽譜は各自でご用意ください。(楽譜をお持ちでなくても、ご受講いただけます。)

受講料

全4回セット 10,000円(各回購入 3,000円)アーカイブ動画付き

講師

土田豊貴(作曲家)

三宅悠太(作曲家)

渡辺研一郎(ピアニスト)

相澤直人(指揮者 / 作曲家)


ご受講までの流れ

アイザワノーツでは、クラウドミーティングアプリ「Zoom」のウェビナー機能を用いたオンラインセミナーを実施中です。皆さまご自宅にいながら受講していただけますので、遠方の方でもお気軽にご参加いただけます。また、お申し込みいただいた方には、当日の受講可否に関わらず、期間限定でアーカイブ動画(当日の録画)もご覧いただけます。

※ お使いのPC、iPhone、iPad、Android等さまざまなデバイスでご参加いただけます。
※「Zoom」のご使用にあたってはアカウント作成は不要です。
※ PC以外でご参加になる場合、事前に「Zoom」アプリをインストールしてください。
※ 本セミナーでは受講者の皆さまのビデオ・音声はオフでのご参加となります。
※「Zoom」についてはこちらをご覧ください。

1. お申し込み、お支払い

・下部の「お申し込み」ページ(アイザワノーツ オフィシャルストア)より、ご希望の講座を選択の上、ご購入ください。
・ご注文完了後、 アイザワノーツ オフィシャルストアよりメールが届きます。(自動送信メール)

※メールが届かない場合は弊社 (seminar@aizawanotes.com) へご連絡ください。

キャリアメール(@docomo.ne.jp/@ezweb.ne.jp/@softbank.ne.jp)は、自動設定によりメールが受信できない場合がございますので、別のメールアドレスをご使用ください。

2.アーカイブ動画(当日の録画)の視聴

・第1回終了以降順次、弊社【aizawanotes.com】より「アーカイブ動画(当日の録画)」をご視聴いただくための専用URLを、お申し込み時のご登録メールアドレスににお送りいたします。


お申し込み

備考

・お申し込み1件につき、お一人でのご視聴でお願いいたします。
・録音、録画、キャプチャーなどは、個人が利用する目的であっても禁止させていただきます。
・お申し込み後は、本講座の配信中止以外の理由に伴うキャンセル・払い戻しはいたしかねますので、予めご了承の上、お申し込みください。
・ライブ配信の特性上、インターネット回線等のトラブルにより、映像や音の乱れ、一時停止などが発生する可能性がございます。その場合も払い戻しはいたしかねますことを予めご了承ください。
・本セミナーに関するお問い合わせは、下記までお願い申し上げます。
 seminar@aizawanotes.com

講師

土田 豊貴 - TSUCHIDA Toyotaka –

1981年、東京生まれ。桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマ作曲科修了。2010年、女声合唱とピアノのための「夢のうちそと」で第21回朝日作曲賞を受賞。第81、83回NHK全国学校音楽コンクール・スペシャルステージの編曲を担当。近年は合唱曲を中心に多くの委嘱作品を手がける傍ら、コンクール、合唱祭、講習会などの審査員、講師も務めている。これまでに作曲を法倉雅紀、鈴木輝昭、指揮を故・岡部守弘、高関健、ピアノを三輪郁の各氏に師事。作曲・声楽アンサンブル「THEATRE EN VOIX」同人。

三宅 悠太 - MIYAKE Yuta –

東京藝術大学作曲科をアカンサス音楽賞および同声会賞を受賞して卒業後、同大学院作曲専攻修了。奏楽堂日本歌曲コンクール第12回作曲部門第1位。第79回日本音楽コンクール作曲部門(オーケストラ作品)第1位、併せて岩谷賞(聴衆賞)および明治安田賞受賞。管弦楽、室内楽、舞台音楽、合唱、ほか多岐に渡る作編曲を手がける傍ら、全国各地より招聘され講習会講師やコンクール審査員等を務めている。近年では小中高の音楽科教科書に掲載される作編曲作品も多い。2016年第83回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲《次元》作曲者。武蔵野音楽大学、聖心女子大学、都立総合芸術高等学校、各講師。日本音楽教育学会会員。

渡辺 研一郎 - WATANABE Kenichiro –

1990年生。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。東京藝術大学院音楽研究科修士課程音楽学専攻修了。グレゴリオ聖歌の初期の記譜法である「譜線無しネウマ」に関する研究論文により修士号(音楽)を取得。 ピアノを小倉郁子、志村泉、林苑子、E.D.ヴァイスハールら、クラヴィコードを高橋尚子、グレゴリオ聖歌やポリフォニーといった中世・ルネサンス期教会音楽の演奏法を花井哲郎、声楽を花井尚美の各氏に師事。 アルベルネ・ユーゲントコール、立教トリニティコール、行徳混声合唱団、混声合唱団水曜会、室内合唱団「日唱」、等のピアニスト。ヴォーカル・アンサンブル カペラ、サリクス・カンマーコア、emulsion、各メンバー。フォンス・フローリス古楽院講師。日本グレゴリオ聖歌学会員。

相澤 直人 - AIZAWA Naoto –

アイザワノーツ合同会社代表、JCDA日本合唱指揮者協会副理事長、東京都合唱連盟理事。東京藝術大学及び洗足学園音楽大学では講師として教鞭をとる。「たしかな芸術」「曲が喜ぶ演奏」をモットーとした発信は共感を呼び、「生きた楽典」「eye the 和声」「旋律演奏の探究」「名曲を掘り下げる」など、演奏表現に活かすための各種セミナーを継続的に開催。好評を博している。 現在、あい混声合唱団、女声合唱団 ゆめの缶詰、Ensemble Flowなど、多くの合唱団で音楽監督、常任指揮者を務める他、東京混声合唱団、東京六大学混声合唱連盟、早稲田大学グリークラブなど、客演指揮者としての招聘も多い。特に、古典から現代に至る邦人作品における「ことば」と「音楽」を読み取る演奏に評価を得ており、作曲家やピアニストからの信頼も厚い。 また、作曲家としても200曲以上の合唱作品を作曲。代表曲の「ぜんぶ」「あいたくて」をはじめ、多くの作品が愛唱されており、カワイ出版、音楽之友社、教育芸術社などから出版されている。著書に「合唱エクササイズ アンサンブル編」1〜3巻、「同 ニュアンス編」、「同 指揮編」1〜2巻(共著)など。